ホーム > イベント情報 > 実施済事業 > ギターとフォルテピアノが紡ぐ「ドラマティック・デュオ」

ギターとフォルテピアノが紡ぐ「ドラマティック・デュオ」

開催日 2016年07月16日(土)
時間 開演19:00 (開場18:30)
会場 小ホール
主催

(公財)桐生市スポーツ文化事業団

※未就学のお子様は、入場できません。

イベント概要

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている実力派ギタリスト鈴木大介と現代ピアノの先祖・フォルテピアノの数少ないスペシャリストとして、多くの作品に命を吹き込んでいる平井千絵の二人の名手が、至福の名曲で"真夏″のドラマティックな一夜を語ります。

出演(予定) 鈴木大介(ギター)

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。
 マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。 
武満徹、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊佐治直、林光ら、多くの作曲家による新作を初演しているほか、都立現代美術館、国立新美術館、ブリヂストン美術館など美術館でのコンサートも数多く行っている。
斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。ピアソラ没後20年となる2012年に、世界でも例を見ない多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス・ノニーノ~アストル・ピアソラ作品集」をリリース。
第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。

平井千絵(フォルテピアノ)

桐朋学園大学ピアノ科卒業後、オランダ王立音楽院修士課程を首席卒業。欧州各地の音楽祭に出演、「傑出したフォルテピアノの専門家」と評され、オーストリア放送、ラジオ・フランス、オランダ国営放送などで採り上げられる。ブルージュ国際古楽コンクール他、国内外のコンクールに多数入賞。レパートリーは、18世紀に活躍したバッハ・ファミリーからハイドン、モーツァルト、そしてベートーヴェンを経て19世紀前半のシューベルトやショパンなど、「フォルテピアノの黄金期」と言える古典派〜前期ロマン派時代の作品。加えて、最近ではセヴラックをはじめ、19世紀末から20世紀初頭のモダンピアノでのレパートリーに再び新しい視点から取り組んでいる。NHK「らららクラシック」「クラシック倶楽部」などに出演。国内外で10枚のCDをリリース、多くがレコード芸術特選盤に選ばれるなど、いずれも高い評価を得ている。東海大学音楽学課程非常勤講師。日本セヴラック協会、演奏表現学会会員。

主な曲目(予定)

シューベルト/メルツ編曲:歌曲集「白鳥の歌」D.957より 第4曲 セレナード<ギター・ソロ>
カルッリ父子:ノクターン 第1番 ~ロッシーニの『泥棒カササギ』の主題によるOp.189
ガスパール・サンス:エスパニョレタス、カナリオス<ギター・ソロ>
スカルラッティ:ソナタ ホ短調 K263 <ギター・ソロ>
スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K492 <フォルテピアノソロ>
アントニオ・ソレール神父:ソナタ90番 嬰ヘ長調 <フォルテピアノソロ> 
ベートーヴェン/カルッリ編曲:モーツァルトの『魔笛』の「恋人か女房か」の主題による変奏曲 Op.169
アントニオ・ソレール神父:ファンダンゴ<フォルテピアノソロ>

チケット販売情報

入場料

全席指定 3,000円(るうふ会員2,700円)
高校生以下1,000円(るうふ会員900円)

お問い合わせ・チケット予約

桐生市市民文化会館 0277-22-9999

【チケットに関して】

※4月23日(土)までは、5公演セット券のみの発売となります。
 各回券は、4月24日(日)からの発売となります。ご注意ください。

※文化会館では、チケットの郵送もお受けしております。
別途郵送手数料360円がかかります。桐生市市民文化会館(TEL:0277-22-9999)までお問合せください。
お問い合わせ

休館日のお知らせ

〒376-0024
群馬県桐生市織姫町2-5
TEL:0277-40-1500
FAX:0277-46-1126
開館時間:9:00~22:00
毎週火曜日休館
(祝日の場合は翌日)