ホーム > イベント情報 > 実施済事業 > 群馬交響楽団クラシック・スペシャル  ※指揮者変更のお知らせ

群馬交響楽団クラシック・スペシャル  ※指揮者変更のお知らせ

開催日 2019年03月24日(日)
時間 開演15:00 (開場14:30)
会場 シルクホール
主催

第42回県民芸術祭運営委員会/群馬県/(公財)群馬県教育文化事業団/桐生市/桐生市教育委員会/(公財)桐生市スポーツ文化事業団

※未就学のお子様は、入場できません。

イベント概要

 

指揮者変更のお知らせ

群馬交響楽団クラシック・スペシャル(3月24日[日]15時開演桐生市市民文化会館シルクホール)に出演を予定しておりました指揮者の高関健氏は、健康上の理由で出演できなくなりました。このため指揮者を大友直人氏(群響音楽監督)に変更させていただきます。  

高関健氏の指揮にご期待くださいました皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

※曲目・ソリストの変更はございません。指揮者変更に伴うチケット代の払い戻しはございません。

 

 

PROFILE 大友直人(指揮)  Conductor : Naoto OTOMO

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。

 

 

 

 

 

 

県民音楽のひろば/第42回県民芸術祭参加事業

群馬交響楽団クラシック・スペシャル 『運命』と『ドヴォコン』

 

コンサートへの誘い!!

今回の「県民音楽のひろば」は、ベートーヴェンの交響曲第5番『運命』とドヴォルザークのチェロ協奏曲(通称ドヴォコン)。ベートーヴェンの『運命』もオーケストラの楽曲の中で最も有名な曲であるにもかかわらず、当財団が主催する演奏会で演奏されるのは、今回で3回目。この貴重な機会を是非お楽しみに。一方、コンチェルトでは、ソリストに2004年生まれの14歳、北村陽を迎える。2017年「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」で優勝し注目を浴びている。今最も将来を嘱望されている若手チェリストの今を聴く。

出演(予定) 大友 直人(指揮)

 桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦により同団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。
在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、2012年3月にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、以降定期的に客演し、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演、絶賛された。2013年にはエネスク国際音楽祭に招かれ「弦楽八重奏op.7」を演奏。〝繰り返し演奏されているが、今回の演奏は最高の演奏"〝日本のオーケストラ演奏が西洋音楽への新しい希望を見出した"と評され、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。
 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。

北村 陽(チェロ)

2004年兵庫県西宮市生まれ。2017年、カザフスタンで行われた第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクールで優勝し、注目を浴びる。
佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラに最年少(小2)で入団し、東日本大震災被災地での公演に参加。
9歳でオーケストラと初共演、10歳で初リサイタルを行う。これまでに関西フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、山形交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団と共演。2018年5月にロシアで開催された、チャイコフスキー国際青少年フェスティバルに招待される。2018年秋は、アンドレイ・フェーヘル指揮関西フィルハーモニー管弦楽団、小林研一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
テレビ朝日「題名のない音楽会~神童たちの音楽会2017」、BSジャパン「エンター・ザ・ミュージック」、日本テレビ「news every.」等に出演。
第37回草津夏期国際音楽アカデミーの奨学生となる。W・ベッチャー、P・ミュレール、M・マイスキー、M・ブルネロ、K・ロージン、S・コンツ各氏のマスタークラスを受講。山崎伸子、太田真実、故ギア・ケオシヴィリ各氏に師事。
2017年関西元気文化圏賞 ニューパワー賞受賞。
 使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与されている1668年製「カッシーニ」。

群馬交響楽団(管弦楽)

1945年戦後の荒廃の中で文化を通した復興を目指して創立 、1955年「群響」をモデルに制作された映画「ここに泉あり」が公開され、全国的に注目を集めた。1947年から始めた移動音楽教室は、2017年度までに延べ634万人を超える児童・生徒が鑑賞した。2014年6月には定期演奏会が500回に達し、2015年11月には創立70周年を迎えた。群馬交響楽団は群馬県の文化の象徴として県民から幅広く支持されている。 
1966年「朝日・明るい社会賞」、1983年文部大臣「地域文化功労者」団体表彰、1989年 第11回山本有三記念「郷土文化賞」、1994年「日本文化デザイン賞」、1995年「第4回日本生活文化大賞特別賞」、2001年 日本放送協会「関東甲信越 地域放送文化賞」受賞、2017年県民芸術祭40周年記念表彰。

主な曲目(予定)

シューベルト : 劇音楽「キプロスの女王ロザムンデ」序曲
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
ベートーヴェン : 交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」

チケット販売情報

チケット発売日時

【先行予約日】
2018年10月13日(土) 9:00~

【一般発売日】
2018年10月20日(土) 9:00~

入場料

【全席指定】 3,000円(るうふ会員2,700円)
 高校生以下 1,000円(るうふ会員 900円)
 ※この公演には、得々キャンペーンがあります。(先着200組限定)
  同時に2枚ご購入の場合は、1枚あたり2,750円
  同時に3枚以上ご購入の場合は、1枚あたり2,500円
  るうふ会員は、さらに300円引き。

お問い合わせ・チケット予約

桐生市市民文化会館 0277-22-9999

プレイガイド

《桐 生》桐生市中央公民館 0277- 47- 4343/桐生音協 0277- 53- 3133/桐生市民活動推進センター「ゆい」 0277-47-4066/新里公民館 0277- 74- 4151/黒保根公民館 0277-96-2501
《みどり》笠懸野文化ホール 0277-77-1212
《前 橋》ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 027-232-1111/大胡シャンテ 027- 283- 1100
《足 利》足利市民会館 0284-41-2121/足利市民プラザ 0284-72-8511
《館 林》館林文化会館 0276-74-4111
《太 田》太田市新田文化会館 0276-57-2222/駅なか文化館 0276-46-4884

【チケットに関して】

※得々キャンペーンは、桐生市市民文化会館のみの取り扱いになります。
 プレイガイドなどでは、適用されませんのでご注意ください。
 このキャンペーンは、まとめてご購入された場合のみに適用されます。
 後日追加で購入した場合などでは、適用されませんのであらかじめご了承ください。

※文化会館では、チケットの郵送もお受けしております。
別途郵送手数料500円がかかります。桐生市市民文化会館(TEL:0277-22-9999)までお問合せください。
【託児サービスに関して】

※事前に申し込みが必要です。(締切3月15日)

お問い合わせ

休館日のお知らせ

〒376-0024
群馬県桐生市織姫町2-5
TEL:0277-40-1500
FAX:0277-46-1126
開館時間:9:00~22:00
毎週火曜日休館
(祝日の場合は翌日)